INAXについて

公共のユニバーサルデザイン公共トイレJIS配列について

LIXILが考えるユニバーサルデザインの視点とは、一人でも多くの人が利用できるよう、トータルな配慮を考えたデザイン。現実には難しいこともありますが、少しでもそんな理想に近づけようとする日頃の努力こそが大切なのではないでしょうか。ここではそんな一端をご紹介していきたいと思います。

JIS S 0026 高齢者・障害者配慮設計指針

JIS制定までの経緯

最近では、公共トイレにもさまざまな設備が設置され、便利になってきましたが、一方で、ボタンの種類や設置位置がまちまちで使い方が分らないといった問題も生まれています。
そこで、視覚に障がいをもった方からお年寄りまで、安心して外出できるように、操作部(便器洗浄ボタン、呼出しボタン)、紙巻器について共通のルールをつくるための検証(産学協同)を実施しました。これには、目の不自由な方を含め、さまざまな障がいをもった方にご協力をいただき、操作部の使いやすい位置について検証を行いました。
この結果をもとに、2007年3月、公共トイレにおける腰掛便器の横壁面の便器洗浄ボタン、呼出しボタン、紙巻器の配置について規定したJIS S 0026が制定されました。

JIS名称

JIS S 0026:2007 高齢者・障害者配慮設計指針―公共トイレにおける便房内操作部の形状、色、配置及び器具の配置

適用範囲

鉄道駅、公園、集会所、病院、百貨店、事務所など、不特定多数の人が使用する公共トイレ全般
腰掛便器を設置した全ての便房(一般便房、多機能便房)で、便器の横壁面に便器洗浄ボタン、及び呼出しボタンの両方またはいずれか一つを設置する場合

配慮のポイント

◆便器洗浄ボタンは、便器に座った状態、車いすに座った状態、立った状態のどの状態からでも押せる位置を考慮しています。◆呼び出しボタンは、利用者が転倒した姿勢で容易に操作できる位置にも設置することが望ましい、と言われており、足元にも設置する場合があります。

  1. ■座った状態
  2. ■車いすに座った状態
  3. ■立った状態
操作部(便器洗浄ボタン・呼出しボタン)・紙巻器の配置及び設置寸法
  • ■3設備の設置寸法の基点 ・3設備の設置寸法の基点は、便座上面先端である
  • ■操作部及び紙巻器の配置 ・操作部及び紙巻器は、腰掛け便座の左右どちらかの壁面にまとめて設置する ・便器洗浄ボタンは、紙巻器の上方に設置する ・呼び出しボタンは便器洗浄ボタンと同じ高さで腰掛便器後方に設置する ・呼び出しボタンは利用者が転倒した姿勢で容易に操作できる位置にも設置することが望ましい
  • ■色について ・洗浄ボタンは無彩色または寒色系、呼び出しボタンは暖色系 ・周辺部コントラストを確保する
単位:mm
器具の種類 便座上面先端(基点)からの水平距離 便座上面先端(基点)からの垂直距離 二つの器具間距離
紙巻器 X1:便器前方へ 約0〜100 Y1:便器上方へ 約150〜400 -
便器洗浄ボタン Y2:便器上方へ 約400〜550 Y3:約100〜200(紙巻器との垂直距離)
呼出しボタン X2:便器後方へ 約100〜200 X3:約200〜300(紙巻器との垂直距離)
操作部及び紙巻器が、この規格に示す設置寸法以外となる場合の配置例「プラン例」

便器洗浄ボタン及び呼出しボタンの高さ(Y2)が、この規格に示す設置寸法 (基点から便器上方へ約400〜500mm)以外となる場合の配置例

(1)同一壁面上に、手すり、手洗器を設置する場合
(2)腰掛便器横壁面がカウンター、キャビネット形状である場合

便器洗浄ボタンの紙巻器と垂直距離(Y3)がこの規格に示す設置寸法 (約100〜200mm)以外となる場合の配置例 ・手すり、棚など、便器洗浄ボタンの真下に手を乗せることができるものが設けられる場合

(1)手すりを設置する場合
(2)棚付紙巻器を設置する場合
(3)スペア付紙巻器を設置する場合

※ただし、便器洗浄ボタン及び呼出しボタンの高さ(Y2)はこの規格に示す設置寸法の上限(基点+550mm)を超えないものとする。

呼出しボタンの前後位置(X2)及び呼出しボタンと水平距離(X3)がこの規格に示す寸法(X2:基点から便器後方へ約100〜200mm、X1:約200〜300mm)以外となる場合の配置例・同一壁面上に、温水洗浄便座リモコンを設置する場合

3設備の基準点 ・紙巻器使用するトイレットペーパーの心棒の中央又は中央付近。二連式(縦型及び横型) の紙巻器の場合は、二つの心棒の中央付近を結んだ直線上のすべての点・便器洗浄ボタンボタン部の中央・呼出しボタンボタン部の中央

操作部(便器洗浄ボタン・呼出しボタン)の形状
  • 便器洗浄ボタンの形状は、丸形(○)とする。
  • 呼出しボタンの形状は、便器洗浄ボタンと区別しやすい形状[例えば、四角形(□)または三角形(△)]とする。
  • 操作部は、指だけでなく手のひら又は甲でも押しやすい大きさとし、その例を下記に示す

※ボタンの高さは、目の不自由な方が触覚で認知しやすいように、ボタン部を周辺面より突起させることが望ましい。

操作部(便器洗浄ボタン・呼出しボタン)の色、及びコントラスト
  • ボタンの色
    相互に識別しやすい色の組合せとする。(例えば、便器洗浄ボタンの色を無彩色又は寒色系とし、呼出しボタンの色を暖色系とすることが望ましい。
  • ボタンの色と周辺色とのコントラスト
    ボタンの色と周辺色とのコントラストを確保する。

※詳細は日本工業標準調査会(JISC)のホームページをご確認ください。 日本工業標準調査会(JISC)

ホーム » INAXについて » ユニバーサルデザイン » 公共のユニバーサルデザイン 公共トイレJIS配列について
玄関ドア・引戸/窓
玄関ドア・引戸
シャッター・面格子
勝手口ドア・引戸
キッチン・浴室・洗面化粧室・トイレ
システムキッチン
浴室
洗面化粧室
トイレ
インテリア建材
室内ドア・引戸
収納
床・階段・手すり
エクステリア
門扉
フェンス
車庫・カーポート
バルコニー

屋根・外壁材
屋根材
外壁材
外装タイル
高性能住宅工法
高気密・高断熱・高耐震住宅工法
耐震補償付き構造体
高断熱パネル
ビル・店舗用建材/厨房設備
カーテンウォール
玄関ドア・窓・シャッター
業務用厨房機器
公共向けエクステリア・トイレ
大型門扉
大型フェンス
駐輪場
手すり
トイレ