お手入れ・お掃除方法のご紹介

日ごろのお手入れ・お掃除方法やプロが教えるお掃除のコツをご紹介しています。

浴室のお手入れ・お掃除方法

浴室は、人の身体から出る皮脂や石けんカス、水道水等による汚れやカビ等、さまざまな汚れが付きやすい場所です。
汚れは放っておくと、固くガンコな汚れになり、取れなくなることもあります。キレイを保つために「お手入れのコツ(毎日+定期的なお手入れ)」をしっかり実行しましょう。

  • お手入れのコツ
  • 毎日のお手入れ方法
  • 定期的なお手入れ方法

「毎日のお手入れ」をしても残ってしまう汚れを「定期的なお手入れ」で落とします。排水トラップ等は、商品の性能を十分に発揮するために、必ず定期的にお手入れしてください。

ヘアキャッチャー・排水トラップ周囲のお手入れ(スタンダード排水口)
ヘアキャッチャー・排水トラップ周囲のお手入れ
  • 週1回めやす
用意するもの
ゴム手袋 歯ブラシ スポンジ
1目皿を外し、排水トラップ周囲や目皿にシャワーをかけながらスポンジでお掃除します。
2ヘアキャッチャーを取り外し、からみついている髪の毛などを歯ブラシで取ります。
×取り除いたゴミ等を直接流したり、排ヘアキャッチャーを外したまま使用しないでください。排水管が詰まる恐れがあります。
ワンポイント

ヌメリがある場合は浴室用中性洗剤をかけて2〜3分おき、
シャワー等で洗い流します。

排水トラップ内部のお手入れ
  • 月1回めやす
用意するもの
ゴム手袋 歯ブラシ スポンジ
1目皿を取り外します。
2ヘアキャッチャーを左(反時計回り)に回して取り外します。
ワンポイント

排水トラップ内にエルボ、ホースが接続されている場合は、エルボを排水トラップより引き抜き、エルボとホースを取り外してください。
エルボとホースは、綿棒などで汚れを落としてください。

  • エルボが挿入されていた穴に直接水をかけないでください。水が逆流して浴室外に漏水する恐れがあります。
3封水筒の内壁の三角部分を持って、反時計回り(「←OPEN」方向)に止まるまで回して取り外します。
封水筒のヌメリ等を取り除きます。
4床排水トラップ内部の汚れを取り除きます。
×フランジ部分は取り外さないでください。接続部よりの漏水の原因となります。
5封水筒、ヘアキャッチャー、目皿の順に元通りに取り付けます。
  • 封水筒は元通りに取り付けてください。
    取付が不十分だと下水の臭気があがってくるおそれがあります。

■ドアの下枠に着脱カバーがある場合

ドアの下枠に着脱カバー、とびら下排水口がある場合はトラップの内部に逆流防止部材がついていることがあります。
このような場合は、封水筒を外した後、以下のお手入れを行います。

1(封水筒を外した状態で)逆流防止部材を取外し、逆流防止部材の汚れを落とします。
詳しくは各商品の取扱説明書、またはお手入れガイドをご覧ください。
2とびら下排水口から水を送り込み、配管内部の汚れを洗い流します。
3排水トラップ内部の汚れを取り除きます。
4逆流防止部材、封水筒、ヘアキャッチャー、目皿の順に元通りに取り付けます。
玄関ドア・引戸/窓
玄関ドア・引戸
シャッター・面格子
勝手口ドア・引戸
キッチン・浴室・洗面化粧室・トイレ
システムキッチン
浴室
洗面化粧室
トイレ
インテリア建材
室内ドア・引戸
収納
床・階段・手すり
エクステリア
門扉
フェンス
車庫・カーポート
バルコニー

屋根・外壁材
屋根材
外壁材
外装タイル
高性能住宅工法
高気密・高断熱・高耐震住宅工法
耐震補償付き構造体
高断熱パネル
ビル・店舗用建材/厨房設備
カーテンウォール
玄関ドア・窓・シャッター
業務用厨房機器
公共向けエクステリア・トイレ
大型門扉
大型フェンス
駐輪場
手すり
トイレ