お手入れ・お掃除方法のご紹介

日ごろのお手入れ・お掃除方法やプロが教えるお掃除のコツをご紹介しています。

浴室のお手入れ・お掃除方法

浴室は、人の身体から出る皮脂や石けんカス、水道水等による汚れやカビ等、さまざまな汚れが付きやすい場所です。
汚れは放っておくと、固くガンコな汚れになり、取れなくなることもあります。キレイを保つために「お手入れのコツ(毎日+定期的なお手入れ)」をしっかり実行しましょう。

  • お手入れのコツ
  • 毎日のお手入れ方法
  • 定期的なお手入れ方法

「毎日のお手入れ」をしても残ってしまう汚れを「定期的なお手入れ」で落とします。排水トラップ等は、商品の性能を十分に発揮するために、必ず定期的にお手入れしてください。

ピンク: 定期的にお手入れしないと、商品の性能が十分に発揮できない恐れがあります。

お手入れの場所 週に1回 月に1回 半年に1回/汚れが目立ったら
浴槽まわり 浴槽 スポンジで汚れを落とす   繰り返しクリームクレンザーで4〜5回磨いて水をかけ、汚れを落とす※2
風呂フタ スポンジで汚れを落とす 陰干しして乾燥させる 繰り返しクリームクレンザーで4〜5回磨いて水をかけ、汚れを落とす※2
追いだき口(循環口) フィルターの汚れを落とす 風呂釜洗浄剤で風呂釜内部を洗浄する  
浴槽排水口 排水栓、排水コアの汚れを落とす   (プッシュワンウェイ排水栓)押しボタンの汚れを落とす
浴槽機器 吸込口等の汚れを落とす 風呂釜洗浄剤で配管内部を洗浄する  
床・天井・壁 床 床の目地やコーキング材の汚れを落とす   カビ取り剤でカビを落とす※3,※4
天井   スポンジで汚れを落とす  
壁 スポンジで汚れを落とす   カビ取り剤でカビを落とす※4
床排水トラップ ヘアキャッチャーの汚れを落とす※1 トラップ内部、部品の汚れを落とす  
浴槽下     エプロンを外して浴槽下のお掃除をする
ドア ドア 下枠溝、ヘアキャッチャーの汚れを落とす 洗剤を薄めてやさしくふきとる 落ちにくい汚れや、ドア下部の汚れを落とす※5
床・天井・壁 鏡 スポンジで汚れを落とす   繰り返しクリームクレンザーで4〜5回磨いて水をかけ、汚れを落とす※2
握りバースライドバータオル掛 布でふきとる   洗剤を薄めて、やさしくふきとる
収納部カウンター 洗剤を薄めて、やさしくふきとる   収納棚を外し、洗剤を薄めてふきとる
水栓 水栓 スポンジで汚れを落とす 練り歯磨きなどで汚れを落とす ストレーナー、整流口、シャワー散水板の汚れを落とす
照明・換気扇・暖房機 照明     洗剤を薄めて、やさしくふきとる
換気扇   フロントカバーを外して掃除する 洗剤を薄めて掃除する
暖房機   フロントカバーやフィルターを掃除する 洗剤を薄めて掃除する
注1. 毎日お手入れすることをお勧めします。
注2. 浴室用クリームクレンザーを使う場合は、表面にキズを付けたり、こすりすぎてツヤが出すぎないようにご注意ください。
注3. 洗剤では取れない汚れは浴室用ブラシでかき出してください。
注4. カビ取り剤を使用する場合は、必ず注意書きをよく読んで正しくお使いください。詳しくは「浴室のカビ情報」を参照。
注5. アルミ部分には浴室用中性洗剤以外は使わないでください。透明面材は汚れが目立ちやすいので、汚れや水分はこまめにふきとってください。
玄関ドア・引戸/窓
玄関ドア・引戸
シャッター・面格子
勝手口ドア・引戸
キッチン・浴室・洗面化粧室・トイレ
システムキッチン
浴室
洗面化粧室
トイレ
インテリア建材
室内ドア・引戸
収納
床・階段・手すり
エクステリア
門扉
フェンス
車庫・カーポート
バルコニー

屋根・外壁材
屋根材
外壁材
外装タイル
高性能住宅工法
高気密・高断熱・高耐震住宅工法
耐震補償付き構造体
高断熱パネル
ビル・店舗用建材/厨房設備
カーテンウォール
玄関ドア・窓・シャッター
業務用厨房機器
公共向けエクステリア・トイレ
大型門扉
大型フェンス
駐輪場
手すり
トイレ