お手入れ・お掃除方法のご紹介

日ごろのお手入れ・お掃除方法やプロが教えるお掃除のコツをご紹介しています。

トイレのお手入れ・お掃除方法

汚れは放っておくと、固くガンコな汚れになり、取れなくなることもあります。
キレイを保つために「お手入れのコツ(毎日+定期的なお手入れ)」をしっかり実行しましょう。

  • お手入れのコツ
  • 毎日のお手入れ方法
  • 定期的なお手入れの方法
便器のふちの裏側の汚れを落とすには?
用意するもの
ゴム手袋 歯ブラシ トイレ用中性洗剤 クリームクレンザー
1歯ブラシに、トイレ用中性洗剤またはクリームクレンザーを付けます。
× アクアセラミック・プロガード仕様の便器には次の洗剤・道具は使用しないでください。
・強いアルカリ性の洗剤または漂白剤
・研磨材入りの洗剤
・フッ素系洗剤(フッ化水素、フッ化アンモニウムを含む)
・撥水作用などがある洗剤や表面コート剤※
・金属製や研磨材入りのブラシなど表面を傷つける掃除道具
※成分が陶器表面を覆ってしまい、防汚効果が十分発揮できなくなります。使用してしまった場合は食器用中性洗剤やメラミンスポンジで除去することで効果を復元できます。
2便器のふちの裏側(リム部分)に、歯ブラシを突っ込むようにしてこすります。
小さい鏡があると、ふちの裏側の汚れが確認できます。
3汚れが落ちたら、こすりながら水を流し、すすぎます。
便器と便座のすき間のお手入れは?
用意するもの
ぞうきん モンキーレンチ
1便器裏側にある便座の固定ボルト(蝶番)を確認して、モンキーレンチなどタイプに応じた方法でナットをゆるめます。
機種によりワンタッチで便座を取り外せるタイプ、シャワートイレでは下の手順どおりに取り外せないタイプもありますので、取扱説明書にてご確認ください。
2半球パッキン・スリップワッシャーを外し、便座をまっすぐ上に持ち上げます。
3ぞうきんで、便座と便器の接触面を水ぶきします。
左の写真はワンタッチ着脱式の普通便座を外した状態です。
4便器の穴に便座の固定ボルトを通し、半球パッキン・スリップワッシャーを入れてから、ナットを締めます。
半球パッキンの向きに注意してください。
すぐれもの お掃除がラクになる便座
便座本体を上げることができる「お掃除リフトアップ」、便座をスライドさせて取外しができる「スライド着脱」は、便器と便座のすき間のお掃除が簡単にできます。
便器内の水位線の汚れを取るには?
  • 汚れが目立ったら
用意するもの
ゴム手袋 歯ブラシ トイレ用中性洗剤 クリームクレンザー
1バケツ半分ほどの水を便器内に流します。排水口の水が引き、便器内の水位が下がります。
シャワートイレ・暖房便座の場合は、水ぶきの前に電源を切る、またはコンセントを抜きます。
水位が下がらない場合は、給油ポンプなどを利用して便器内の水をバケツに移し、水位を下げます。
2トイレットペーパーを、便器の内側の汚れているところに敷きます。
3敷いたトイレットペーパーにトイレ用中性洗剤をたっぷりしみ込ませ、30分ほど置きます。
シャワートイレ・暖房便座の場合は、便座を上げたままにしてください。
430分後、トイレブラシでペーパーごとこすり、水を流します。
水がたまっているところの底や付近の汚れも、水位を下げてお掃除しましょう。
玄関ドア・引戸/窓
玄関ドア・引戸
シャッター・面格子
勝手口ドア・引戸
キッチン・浴室・洗面化粧室・トイレ
システムキッチン
浴室
洗面化粧室
トイレ
インテリア建材
室内ドア・引戸
収納
床・階段・手すり
エクステリア
門扉
フェンス
車庫・カーポート
バルコニー

屋根・外壁材
屋根材
外壁材
外装タイル
高性能住宅工法
高気密・高断熱・高耐震住宅工法
耐震補償付き構造体
高断熱パネル
ビル・店舗用建材/厨房設備
カーテンウォール
玄関ドア・窓・シャッター
業務用厨房機器
公共向けエクステリア・トイレ
大型門扉
大型フェンス
駐輪場
手すり
トイレ